学校の特徴

受験とは、学校で入学や検定のための試験を受けることです。人生の中で幼稚園や小中学校、高校、大学など、受験に向かう機会がある方もいるでしょう。私立は、学校法人または個人が運営している民間の学校です。創立者の建学の精神をもとにして、自由な校風の学校や規則が厳しい学校などそれぞれ独自の特色ある教育をしています。試験問題や難易度も学校によって違います。公的な補助金が少ないので、公立に比べて学費は高額です。

公立は、都道府県や市町村などの地方自治体、地方公共団体が設置した学校です。大学以外は教育委員会の管轄で、教師は地方公務員の立場です。小中学校は入試がなく、学齢に達すると住民票をもとに就学通知が送られてきて地元の学校に入学できます。

高校入試は都道府県単位で行い問題も同じですが、一部の難関校や特定の学科の入試では独自の問題をだす学校もあります。国立は、今では国が直接設置する学校はなく、国立大学法人などが設置しています。国立大学に附属する幼稚園や小中学校、高校があり、教育学部の実習や新たな学習の試みを研究する場となっています。私立のように幼稚園や小学校でも入試があり、問題も学校独自のものです。さらに学校の中には、中高一貫校というのもあります。中学校3年間、高校3年間の計6年間の教育を行うもので、高校からの募集がある学校とない学校があります。私立がほとんどでしたが、最近では公立の学校も増えてきています。

~管理人PICKUP~
指導経験豊富なプロの家庭教師のみを派遣してくれるサービスです・・・プロ家庭教師

入試の種類

受験にあたり気になるのが「内申点」と「偏差値」です。内申点とは、成績表の平均点数にすべての教科の平均点を足した学年内申点をだします。3年間分の学年内申点数を学校ごとに違う比率で計算し、生徒会活動や学級活動、各種検定などの特別な点数を加えたものが内申点です。偏差値は、異・・・

>> 詳細はこちら

受験対策

受験にむけての対策はどんなことがあるのでしょうか。独学での勉強のほかにも、家庭教師や学習塾を考える方もいるでしょう。家庭教師や学習塾は、学校の授業であまり理解できなかった部分のカバーや勉強をサポートして志望校に合格できるように指導します。受験にむけてのテクニックや情報量が豊富・・・

>> 詳細はこちら

Copyright © 2014 受験の概要 All Rights Reserved.